現mmd4mecanimがGearVRで使えなかった時の対応策

KENTA845dpurizu_TP_V-1024x682

僕自信がreadmeを慎重に読まなかったのが悪いんだけど、これで一日以上ハマった。

結論から言うと、現時点のmmd4mecanimはAndroidとかiOSのモバイルアプリはサポートしていないらしい。これが原因かわからないけど、Unity上の再生では問題なくモーションがヌルヌル動くのに、GearVR上だと全然動かなかった。。。

とりあえず動かす事はできたので、紹介します。ここではGearVRでの対応策として紹介しているけど、iOSとかAndroidなどのモバイルでアプリだったら基本的に同じ方法で対応出来るんじゃないかな。

Unityのプレビューモードでは問題なく再生されるのに。。

まず、mmd4mecanimの作者様には本当に感謝。感謝です。

私が利用させて頂いているバージョンは以下の通り。

  • MMD4Mecanim_Beta_20150821

恐らくこれが、現時点でダウンロード出来る最新だと思われる。

このバージョンで、本家HPの手順PDFを参考にしてMMDファイルとモーションファイルのUnityへのインポートを行ったところ、見た目は全く問題なく手順に書いている通りインポートできた。

で、安心してAndroid向けにビルドを行ってGearVRでいざ再生!したところ。。。

。。。画面に取り込んだステージやモデルは問題なく表示されるのに、モーションが再生されない。。

そんなバカな。。と思って、Unity上で再生してみたら、こちらは全く問題なくモーションが再生される。

モバイルアプリ用には現時点はサポートしていないらしい

で、色々Google検索等を行った結果、、どうやら現時点のmmd4mecanimはモバイルアプリ用は想定していないとの事。

確かにReadmeを読むと以下の記載がある。

2015/08/18 [MMD4MecanimBulletPhysics] Android / iOS のネイティブプラグインサポートを一旦オミット

。。ダメじゃん。

僕はUnityの内部の挙動等は全然わからないので、この時点で殆ど諦めかけた。

けど、もう少し色々試してみようと思ってもがいてみたら、奇跡が起きた。

とりあえず、モーションを動かす事が出来た

mmd4mecanimの手順pdfとは違うやり方だけど、以下の方法でとりあえずモーションを動かす事には成功した。

  • RigのAnimation Typeを「Legacy」に変更する。(変更した後はApply)

rig1

手順ではここを「Humanoid」とか「Generic」を推奨しているが、これだとどうあがいてもGearVRではアニメーションを再生出来なかった。ポイントは、Unityのプレビュー再生だと問題なく動作する事。

ただ、LegacyだとUnityの新しい機能?であるAnimatorが使えないみたい。まぁ、僕はUnityとか3Dコーディングのプロになるつもりはないので、この辺は特に不自由な状況は発生していない。古いAnimationのコーディング方法の方がネットに豊富に転がっているくらいだし。

と少し強がってみたけど、もしmmd4mecanimの作者様がこのページを見てくれていたら、早くAndroid向けに対応して欲しいです。今後モバイルVRの需要は絶対出てくるので、、。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする