ポケモンGOがTwitterに匹敵する利用者数!VRの将来は1?

pokemon_go

ポケモンGOが海外でめちゃめちゃ人気です!

これにVRを統合したら凄い事になるのでは!?

ポケモンGOとは?

まだ日本ではサービスが開始されていませんが、先週(7月7日)にアメリカやオーストラリアで開始された任天堂のスマホゲームです。

これまでもポケモンは海外で様々な任天堂ゲーム機で発売されてきました。

では、これまでのゲームと何が違うのか?何故これ程までに人気が出てきているのか?ですが、VRの姉妹的存在であるAR(拡張現実)が取り込まれている事です。

具体的には、現実の地図とゲームのアイテム等のオブジェクトがマッピングされており、実際に現実の世界を歩き回る事でゲームを楽しめる事が出来る。一昔前(というか、今でも流行ってるところでは流行っている)Ingressが代表的なARゲームですよね。というか、今回のポケモンGOはIngessのNiantic.Incと共同で開発したのでIngressのいいところ取りという印象もあります。

本日の任天堂株はストップ高!

上記の通り、海外で日に日に人気が出てきているポケモンGOですが、サービス開始1週間ということもあって、人気が継続するかはまだ何とも言えないと思います。

でも、株価の視点で言うと、本日の任天堂はストップ高でした。株に詳しくない方は分らないかもしれませんが、任天堂のような大型株がストップ高になるのは本当に稀です。

株価がストップ高を更新したのには、大きく以下の理由があると思います。

  • 任天堂がスマホ市場に参入する本気度を評価した
  • ARによるゲーム市場の可能性を評価した

実際に任天堂株を持っている筆者としては、正直初めの理由が最も大きいと思っています。これまで任天堂は頑にスマホ市場への参入を拒んできていました。任天堂自身がゲームのハードメーカーだという事が大きいのでしょう。でも、その結果GREEやDeNAに先行される結果となりました。今回のポケモンGOの成功は、単純にゲームとして成功しそう、という意味合いだけではなく「任天堂が本気を出してスマホ市場のパイを食いにかかった」ことを意味しています。

ARやVRと話が脱線してしまいましたね。。。。

で二つ目ですが、ARのゲームとしての価値を投資家が認めたというのも間違いないと思います。特に現実の地図とゲームのオブジェクトをマッピングさせると言う点、これはスマホが常にキャリア網を介してマップとオブジェクトをリアルタイムで認識出来るからこそ可能となります。つまり、インターネットとモバイルを利用した新たな使い方と言えるでしょう。

これにVRを合わせたら、もっと面白いんじゃね!?

と思うんです。

つまり、ワイヤレスのVRヘッドセットがもっと普及したら、ARと組み合わせてさらに立体的なゲームキャラクタやアイテムを識別出来るようになる訳で、現在のスマホARよりもさらにリアルな体験をすることができます!考えるだけでワクワクしますね!

ちょっと残念なのが、現時点の任天堂のコメントを見る限り、任天堂はそれほどVRに積極的でないようです。

アホかと、またSonyにやられるぞと。私は思う訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする