VRとは?VRで何ができるの?

cc-library010010485-1024x683

VRの発展はIT産業の中でも特に日進月歩です。

なので、数年前にできなかったことが、今では当たり前のようにできるようになっています。

なので、「今VRでなにができるか?」をざっくり知りたい人も多いはず。

と思ったので、その辺を紹介しようと思います。(とりあえず専門的な事は置いといて、ざっくりこんなものですよ、という記事です)

VRの歴史とか堅苦しいことははぶきます。とりあえず、何ができるか?です。

そもそも、「VR」とは?

このサイトに来ている人は既に知っていると思いますが、とりあえずおさらいしておきましょう。

VRとは「バーチャルリアリティ(Virtual Reality)」の略称です。仮想現実世界ということですな。

Wikipedia:バーチャルリアリティ

まぁ簡単にいうと、専用のゴーグル等を使って、あたかも仮想的な空間にいる気分になれる技術ってとこです。

最近はテレビ等でも紹介しはじめました。

ドデカいゴーグル付けて仮想空間の映像を見ている人、あれです。

現時点でVRで何ができるの?

現在はかなり高度な研究が進められてて、例えば以下のようなことができるか実験も行われています。

  • 仮想空間の物体に触っている感触を再現する
  • 仮想空間の匂いを再現する

とはいっても、上記の「嗅覚」・「触覚」を完全に再現するのはもう少し先になると思います。

では、今年がなぜVR元年と言われているかですが、

視覚に対するVRが非常にクオリティが高くなってきた。

からだと、管理人は考えています。

視覚のVRってどんなことができるの?

具体的には以下のようなことが当たり前のようにできます。基本的に上の写真のようなゴーグルを装着する事で実現します。

立体(3D)の映像や動画を表示させる

これが「VR」って想像すると始めに頭に思いつくイメージですよね?

最近(とはいっても既に数年前くらいから)は映画館でも「3Dで上映中」みたいな映画も増えてきましたし。それと同じです。

一昔前はSonyのヘッドマウントディスプレイ「HMZシリーズ」が話題を呼びました。その後にEpsonなど複数のベンダーが製品を出してきました。

今は昔よりもより複数のベンダーがこの市場に参入しています。

クオリティもマジで凄いです。例えば、マチュピチュの3D動画とかをみると、本当に旅行に行っているような感覚になります。

360度見渡す事ができる!

映像や動画が立体に見える。これだけだったら画質がよくなっても「昔と変わらないじゃん」って思いますよね。

でも、最近のデバイスはさらに先を行きます。

360度映像や動画を見渡す事ができます!

これは、例えばジェットコースターのVR映像を再生するとします。あたかもジェットコースターに乗っている感覚になるのですが、左右に頭を向けると本当に左右の景色を観ることができます!

後ろに振り返ったら後ろに乗っているお客さんも観ることができたりしますw

今までは、前に視点が固定されていたのですが、自分が動かした視点に合わせて映像も動くようになったので、リアリティがよりいっそう増します。

ちなみに、これも最近のVR業界では当たり前になっています。

VR対応のゲームがめちゃめちゃ増えている

デバイスが増えたので、ゲームも爆発的に増えてきました。

先ほど紹介したジェットコースターの例のゲーム版もあったりします。あとは、バイオハザードみたいなホラー系のゲームとか。

今後もどんどん増えていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする